ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初めてノートパソコンを買った | main | 青い空白い雲に関わらず睡眠 >>
2017.03.16 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.17 Tuesday

肩こり治療はダンベルで

 

ある日の授業の合間。

 

たくさんのおじいちゃんやおばあちゃんたちと一緒に、

私は整形外科の待合室で名前を呼ばれるのを待っていました。

 

これで長年の悩みが解決するはずだ、という期待を込めて。

 

 

 

ここ数年間、ずっとずっと肩が痛くて仕方ありませんでした。

 

少し回しただけでバキバキと音が鳴る関節。

一日の大半を「肩が痛い」と思いながら過ごさなきゃいけないのが腹立たしくて仕方がない。

 

「空がきれいだなぁ」「鳥の鳴き声だ」「今日はなにしよう」

というようなことを思えるはずだった私の清らかな心が、

 

「肩が痛ぇなぁ」「肩の痛みだ」「今日は肩が痛かった」

という思いだけで塗りつぶされていくんです。

 

 

その肩の痛みが、最近になって我慢できないくらいになってきました。

人と居ても、授業を受けていても、つい頭をぐるんぐるん回して首の体操をしてしまいます。

 

小学生の頃、いきなりみんなの前で頭を回したら「キモッ」と言われた思い出があり、

やめたいなぁと思うんです。けど、やめられないんですよね。

 

キモいのに……。

 

 

 

スマホの見過ぎとか、姿勢の悪さとか、思い当たるフシは色々ある。

でも、関節がこんなに鳴るのはおかしいし、普通に歩いてるときもずっと痛い。

 

これはなにかあるに違いない。大変な病気かもしれないぞ。

 

病院に行こう。整形外科だ!

 

痛みを和らげる薬とかもらえるかもしれないし、

病院に行ったらとりあえず原因は分かるだろう。

 

 

 

そういうわけで、とうとう念願の治療のときを待っていたのであります。

 

 

「あぐみさ〜ん」

1時間ぐらい待ってやっと呼ばれて入った治療室には、

助手のお姉さんと、おじいちゃんのお医者さんがいました。

 

「今日はどうしましたか?」

「肩が痛くて……関節が鳴ってしまうんです」

「はほぉ……。鳴らしてみてください」

「え?はい……」

 

肩を、いつもの関節が鳴る方向にグンッとひねります。

 

 

 

パキッ…

 

あれ?

 

いつも鳴ってるだろ! もっと。

人前だからってなに緊張してんだ肩関節。

 

 

「あれ、今日あんまり……」

 

パキッ…

 

「普段痛くて……もっとバキバキって…」

 

パキッ…

パキペキョッ…

 

「あれぇ?」

 

 

パキィッ!!!

 

 

 

「オォ〜」(助手さん&お医者さん)

 

なんだよオォ〜って。 パフォーマンスじゃないんだ肩鳴らしは。

でもともかく鳴ってよかった。これで「肩が鳴る患者」になれました。

 

それからレントゲンを撮り、お医者さんとお話。

これでやっと原因が分かる……。

 

 

「骨には問題ありません。う〜ん……じん帯が伸びているんですね」

「じん帯が!? どうすればいいんですか?」

 

するとお医者さんは引き出しを開けました。

 

 

いったい何を取り出す……

まさか、なにか矯正器具? 肩をひねりちぎるペンチみたいな…… などと思っていると、

 

取り出されたのは、小さなダンベル。

 

 

「これを持ってください」

 

小さなダンベルを持つ?

 

「鍛えるんです」

 

鍛える?

 

「薬でどうこうなるとかいうもんじゃないので、これで筋肉を強くするんです。」

 

薬でどうこうなるとかいうもんじゃないので、筋肉を……強く?

 

 

 

 

そして私は別室に通されました。

 

するとそこには、体格のいい笑顔の男の人がいました。

 

 

「ダンベルを、まず前に、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

体格のいい男の人がダンベルを上げ下げしています。

おそらく、私のやるべきことを教えてくれているのでしょう。

 

私もダンベルを前に上げます。

 

 

「そしたら次は横に、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

横に上げます。

 

「ちょっと後ろに、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

ちょっと後ろに上げます。

 

 

「こういう感じです」

 

こういう感じなんだ。

 

 

「これを毎日やってください。じゃあ今日は終わりです。」

 

 

 

 

…………終わってしまいました。

 

 

あぁ。

 

 

今日、決定的に痛みを治してもらえると思っていた肩さんは、

「治ることを目指して筋肉をつけなさい」と言われて、ちょっと途方に暮れている様子。

 

でも、なぜだか楽になっていました。

痛みもそれから減ってきています。

 

 

 

たぶん、「自分は病気に違いない」と思っていたのに、

お医者さんに「ただの運動不足だよ」って言われて、安心したんだと思います。

 

 

 

これから、パンパンにしてやるからな、肩!

 

もしかしてちょっとヤブなんじゃないかとかいう疑いは消し去って、

ただひたすらに筋肉をつければいいんだ!

 

それだけなんだ!!!

 

2017.03.16 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR