ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.16 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.03.16 Thursday

ここは映画のレビューブログになれない

 

今年、いくつか映画を見ました。

どれもすごく面白かった。

 

 

「すごく面白かった」。

 

いつもこれしか言えません。

 

 

観た映画の感想が書かれているブログなどを読んでみると、

「あそこが○○のオマージュで」「ここの心理描写が実は」

「この映画は実は○○を全体的なテーマとしていて」……

 

すごい。

微塵も自分の頭から湧き出なかった、そんなこと。

 

 

もちろん、もとの知識がなきゃ言えないこともあるけど。

よく考えればそうだったなと思えることがたくさん書いてあるぞ。

 

なぜこれが自分で分からないんだろう!

 

 

先日観た「美女と野獣」(アニメ)の感想を書いてみます。頑張ります。

 

すごい感動した。

野獣がとにかく可愛い。

音楽もすごくいい。

どう終わるか分かっていても、ドキドキした。

 

 

…悲しすぎます。

 

捻り出してこれです。

夏休み最終日に焦って書いた小学生の読書感想文です。

 

赤ペンで書かれることは分かっています。

 

「どうして感動したの?」

「野獣のどういうところが可愛かったの?」

 

小学生の私は不貞腐れて心の中で言うでしょう。

「理由がなきゃ感動しちゃいけないのかよ!」

 

 

仮にも就活期間を迎えた私です。

 

面接官「好きな作品と、その理由を教えてください」

私「あっ、美女と野獣です。すごい感動しました。野獣がとにかく可愛いです。音楽もすごくいいです。どう終わるか分かっていても、ドキドキしました。」

面接官「さようなら」

 

 

さようならである。これじゃだめなんだ、人間として。

ということを、エントリーシートの段階でムムムとなっている私は痛感する。

 

 

なぜこんなにも、良いと思ったものの感想が言えないのか。

 

 

多分、あんまり自分を信じていないからだと思います。

 

「すごく面白かった」と思った映画がレビューサイトで酷評されていたら、

「私は間違っていたんだ!」と思ってしまいます。

 

「私はみんなと違うものが好きなんだ」という発想になりません。

 

自分の意見が「違う」と言われれば議論もできずに引っ込めます。

ブログで長々と映画の感想でも述べようものなら、誰かに、間違ってると言われるのではないか。

私が勧めたものが、みんなにとってつまらないものだったらどう責任をとればいいのか。

 

自分がそう思ったらそれが正解なんだよ、と信じたい気持ちもあるけど。

 

小学生のとき、

「この問題に正解はありません」と言った国語の教師が、

私の答えを「いやそれは、」と否定したことがありました。

 

お前の中に正解あるんじゃねーーーか!!!!!!!!!!

 

 

入試とかもとことんそうでしたよね。問題視してる人はたくさんいますが。

小説の内容について、なぜか四択の問題になってる。

しかもその全部が、正解で良いような気がするのに。

 

 

 

そう、私の中の正解とみんなの中の正解が違っても、

「いやいや私は」と言えればいいものを、そういう精神が取り除かれている。

 

 

あと、本とかいっぱい読んでいれば、

なにかの感想を言葉にするという作業を怠っていなければ、

という単純な私の知識・経験不足もあります。

 

 

 

 

いや、これは小田和正と一緒なんじゃないか……?

 

「嬉しくて嬉しくて言葉にできない」ように、

感動したり楽しかったりすると感情が先に立ってなにも言葉にできないんだ。

 

 

いや、あの歌詞も実はすごいイイこといっぱい書いてる。

 

 

あぁ、ダメだ。

2017.02.15 Wednesday

青い空白い雲に関わらず睡眠

 

今日、久しぶりに長い時間、外を歩きました。

 

 

春休みに入ってから寝てばかりで、

「わたし今日生きてた?」みたいな日ばかり送っています。

 

夜中のよく分からない時間に寝て、起きたら昼過ぎ。

どこかに出かけるわけでもなく、布団の上で終える一日。

 

だから、久々に見た青い空にびっくりしました。

 

冬の澄んだ空気を通して、雲一つない高い空を見上げながら、

行き交う子供たちの笑い声を聞きながら、冷たい風を頬に浴びながら、

 

私が寝て過ごしている間にもこの外の世界は、人々は、

限りある時間の中でこんなにも生き生きとしていたのか……と、

 

もう返ってこない春休み前半の日々を後悔しながら、

これからはたくさん外に出ようとワクワクするのでした。

 

 

でも神様、なんかな、

 

 

 

 

 

 

眠いんだよ!!!!!!!!!!!!!

 

 

スゲー眠いんだよ!!!!!!!

 

ど、どうして?どうして全く動いてないのにこんなに眠くなれるの?ってぐらいスゲー寝れるんだよ!!!!!!!

 

昼過ぎに「あぁ……寝過ぎた」って思いながら起きるよ!

朝飯、兼昼飯(冷凍食品だよ!春休みで外に出ないからな!家にあるやつ)食うよ!

 

そしたらま〜た眠くなってくるんだよ!!!!!!!!!

なんでだよ!!寝てたのに15時間ぐらい!!!!!!!!!!!!

 

一日24時間ですよね?

15時間寝ます。目覚めてる時間は9時間です。

 

夢の世界にいる時間の方が現実より長くなっちゃってるよーーー!!!!!

怖いよ!!!

今いるここが、夢の中なのか現実なのか自信ないよ!!!!!!!!!!

 

「すごいリアルな怒り新党やってるからこれは夢じゃないな」とかって判断するようになっちゃったよ!!

今見てる世界の具体性で、ここが夢か現実か判断するようになちゃったよー!!!!

 

 

そしたらこの間、明晰夢見れるようになったよーーー!!

夢の中で「あ、これ夢だ」って気付いて好き勝手なことできるようになっちゃったよ!!!!!

 

やったよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

その次の日「今日も夢の中で色々やるぞ!」ってわくわくしながら寝たら、

夢の中で普通に中華料理食べちゃったよ!!!!!!!!!!!!

 

楽し〜くエビチリ食べながら、夢かどうか疑うことさえしなかったよ!!!

 

なんだよ!!!!!!!

 

 

 

正直、外に出かけた時の気持ちよさと布団の中の幸せ、おんなじぐらい!!!!!!!!

布団たまに勝っちゃう!勝ってるからこんなに寝てるんだね!!!

 

 

果報を待ってるのかな?ずっと、果報を寝て待ってるのかな?

 

 

さっきもまたちょっと寝て、起きたとき吐いちゃったよ!

あっ変な風邪ひいたかな?って思ったけど、体が寝過ぎておかしくなってるんだよこれは!

体が寝ることへの拒否反応を起こし始めてるんだよ!!!!!

 

てかなに寝てんだよ!

「外素敵だな」って思ったその日に家帰ってきて「ウ〜ン、ちょっと寝よう」じゃないんだよ!!!!!!!

 

 

 

助けて!!!!!!!!!!!!!

寝ちゃうの!寝ても寝ても眠くなるんだ!

 

ほら!また!

 

 

 

 

おやすみなさい……

 

 

 

 

 

 

2017.01.17 Tuesday

肩こり治療はダンベルで

 

ある日の授業の合間。

 

たくさんのおじいちゃんやおばあちゃんたちと一緒に、

私は整形外科の待合室で名前を呼ばれるのを待っていました。

 

これで長年の悩みが解決するはずだ、という期待を込めて。

 

 

 

ここ数年間、ずっとずっと肩が痛くて仕方ありませんでした。

 

少し回しただけでバキバキと音が鳴る関節。

一日の大半を「肩が痛い」と思いながら過ごさなきゃいけないのが腹立たしくて仕方がない。

 

「空がきれいだなぁ」「鳥の鳴き声だ」「今日はなにしよう」

というようなことを思えるはずだった私の清らかな心が、

 

「肩が痛ぇなぁ」「肩の痛みだ」「今日は肩が痛かった」

という思いだけで塗りつぶされていくんです。

 

 

その肩の痛みが、最近になって我慢できないくらいになってきました。

人と居ても、授業を受けていても、つい頭をぐるんぐるん回して首の体操をしてしまいます。

 

小学生の頃、いきなりみんなの前で頭を回したら「キモッ」と言われた思い出があり、

やめたいなぁと思うんです。けど、やめられないんですよね。

 

キモいのに……。

 

 

 

スマホの見過ぎとか、姿勢の悪さとか、思い当たるフシは色々ある。

でも、関節がこんなに鳴るのはおかしいし、普通に歩いてるときもずっと痛い。

 

これはなにかあるに違いない。大変な病気かもしれないぞ。

 

病院に行こう。整形外科だ!

 

痛みを和らげる薬とかもらえるかもしれないし、

病院に行ったらとりあえず原因は分かるだろう。

 

 

 

そういうわけで、とうとう念願の治療のときを待っていたのであります。

 

 

「あぐみさ〜ん」

1時間ぐらい待ってやっと呼ばれて入った治療室には、

助手のお姉さんと、おじいちゃんのお医者さんがいました。

 

「今日はどうしましたか?」

「肩が痛くて……関節が鳴ってしまうんです」

「はほぉ……。鳴らしてみてください」

「え?はい……」

 

肩を、いつもの関節が鳴る方向にグンッとひねります。

 

 

 

パキッ…

 

あれ?

 

いつも鳴ってるだろ! もっと。

人前だからってなに緊張してんだ肩関節。

 

 

「あれ、今日あんまり……」

 

パキッ…

 

「普段痛くて……もっとバキバキって…」

 

パキッ…

パキペキョッ…

 

「あれぇ?」

 

 

パキィッ!!!

 

 

 

「オォ〜」(助手さん&お医者さん)

 

なんだよオォ〜って。 パフォーマンスじゃないんだ肩鳴らしは。

でもともかく鳴ってよかった。これで「肩が鳴る患者」になれました。

 

それからレントゲンを撮り、お医者さんとお話。

これでやっと原因が分かる……。

 

 

「骨には問題ありません。う〜ん……じん帯が伸びているんですね」

「じん帯が!? どうすればいいんですか?」

 

するとお医者さんは引き出しを開けました。

 

 

いったい何を取り出す……

まさか、なにか矯正器具? 肩をひねりちぎるペンチみたいな…… などと思っていると、

 

取り出されたのは、小さなダンベル。

 

 

「これを持ってください」

 

小さなダンベルを持つ?

 

「鍛えるんです」

 

鍛える?

 

「薬でどうこうなるとかいうもんじゃないので、これで筋肉を強くするんです。」

 

薬でどうこうなるとかいうもんじゃないので、筋肉を……強く?

 

 

 

 

そして私は別室に通されました。

 

するとそこには、体格のいい笑顔の男の人がいました。

 

 

「ダンベルを、まず前に、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

体格のいい男の人がダンベルを上げ下げしています。

おそらく、私のやるべきことを教えてくれているのでしょう。

 

私もダンベルを前に上げます。

 

 

「そしたら次は横に、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

横に上げます。

 

「ちょっと後ろに、ほいっ、ほいっ、ほいっ」

 

ちょっと後ろに上げます。

 

 

「こういう感じです」

 

こういう感じなんだ。

 

 

「これを毎日やってください。じゃあ今日は終わりです。」

 

 

 

 

…………終わってしまいました。

 

 

あぁ。

 

 

今日、決定的に痛みを治してもらえると思っていた肩さんは、

「治ることを目指して筋肉をつけなさい」と言われて、ちょっと途方に暮れている様子。

 

でも、なぜだか楽になっていました。

痛みもそれから減ってきています。

 

 

 

たぶん、「自分は病気に違いない」と思っていたのに、

お医者さんに「ただの運動不足だよ」って言われて、安心したんだと思います。

 

 

 

これから、パンパンにしてやるからな、肩!

 

もしかしてちょっとヤブなんじゃないかとかいう疑いは消し去って、

ただひたすらに筋肉をつければいいんだ!

 

それだけなんだ!!!

 

2017.01.09 Monday

初めてノートパソコンを買った

 

注・(パソコンの知識が無い人がパソコンの話を書いています。)

 

 

やっと、欲しかったノートパソコンを買いました。嬉しいです。

 

今まではずっと、私が小学六年生のときに我が家にやって来た、

ウィンドウズVistaというデスクトップパソコンを家族共同で使ってました。

 

それがもうすごい重くて、なんか作業しようとするとずっとマウスの輪がぐるぐる回ってるんです。

 

きっとあれ、自分にはこの作業はもうできないって分かってるのに、頑張ってるフリをしてるんですよ。

マウスの輪をぐるぐる回して、「なんか読み取ってるんだな」感を醸し出してるけど、

多分なんにも考えてないんですよ。

で、「そろそろいいか」って言って全部の作業を強制終了させて、あとはダンマリです。

 

思わず「ンンェッ!」と言いながら画面を殴ったこともありました。

 

でも、もう容量もいっぱいで、10年近く動き続けてきて、きっとすごい疲れてるのに、

「ンンェッ!」って殴られるの、可哀想だなと思って。

 

自分用のノートパソコン欲しいなぁと思い始めたのが、三年ぐらい前。

 

 

なんで今まで買わなかったのかというと、

パソコンのことがさっぱり分からないからです。

 

例えるなら、ビーフストロガノフを食べたいなぁと思っても、

ビーフストロガノフがなんだかよく分からなかったら、結局食べない……そういうことです。

 

例えには失敗しましたが、

とにかくノートパソコンのカタログを読んでも、いろいろなレビューを見ても

すぐにお腹が空いてしまい、家にある貰いもののせんべいを食べ進めるという日々が続いてたわけです。

 

 

まず、まぁ、マックブックを調べました。

周りの人がみんな使っていて、あのかじりかけのリンゴかっこいいな。と思っていたのです。

 

で、ヨドバシカメラに行くと、

 

アップルのゾーンだけ分かれてますよね、

他のパソコンは「ザ・ヨドバシ!」みたいな感じで並んでるのに、

アップルの商品だけなんか白っぽい小ぎれいなゾーンに分かれてライティングされてますよね。

 

そんで、シュッとした人々がいじってるわけです、

マックブックプロとかマックブックエアーとかアップルウォッチを。

もう、「どれを買おうかな」という感じでいじってるんです。

 

私は、「マックブックプロとマックブックエアーはなにが違うんだい」

というところから分からんので、「??」という感じで値札を見るだけです。

 

そしたら、マックブックプロにもなんかいくつか種類?数字が違う?のがあって、

頭の上には『?』が浮かぶばかり。マリオだったら喜ぶかもしれませんが、私はマリオじゃないんです。

 

店員さんに聞けばいいんですけど、

店員さんもシュッとしてて、お客さんもシュッとしてて、私はシュッとしてないんで、

逃げてしまうんです。何度挑戦しても。

 

 

で、マックブックは諦めました。

 

まぁ、Vista使ってたからウィンドウズのほうが慣れてるし、

アイフォーン使ってないからそんなにアップルアップルしてないし、いいかなと思いました。

 

 

そんで、色々見てたら、私、ノートパソコンって20万円ぐらいすると思ってたんですけど、

3万とか4万とかのもあるんですね。

 

そりゃあ安いほうが嬉しいんですけど、
やっぱり高いのと安いのには差があるんだろうと、これまた色々と見比べるんですが、

 

「GBの数字?がでっかい!でっかければでっかいほどいいのか?」

「記憶装置の1TBってめちゃめちゃでかいってこと?」「でっかい数字は果たして本当にでっかいのか?」

と、なにも分からないなりになにも分かってないことだけは分かっていたので、

 

カタログを見ようにも、得られるものが無く、ただ疲れて終わるんです。

意味あるんですかこの体操?っていう体操をずっとさせられてる気分なんです。

 

しかも最近のは特によく分からなくて、

モバイルパソコンというのがズラッと載っていて、

モバイルなのか?パソコンなのか?と悩んで胃を痛め、

 

2in1というのもあって、

2が1に入る……?ということは、3?

と、混乱の上にさらに混乱を重ねてくるわけです。

 

 

そうして、気付いたら3年が過ぎていました。

学校のPCルームに通い詰めて、どうにかやり過ごしていました。

 

で、最近もうVistaが、

マウスの輪もぐるぐるせずにすぐに作業を終わらせ始めたので、

「とうとう全てを諦めたんだ」と思い、

 

「もう分からんけど買う気でヨドバシに行こう!!」

と、母親と二人で出かけたわけです。

 

 

 

恐る恐るヨドバシの店員さんに分からないことを色々聞くと、

パソコンの知識がない私をまったく馬鹿にせず、

メモリとは……CPUとは……ということを1から教えてくれました。

 

そして、それを参考にパソコンを見ていると、

違うヨドバシの店員さんが来て、

メモリとは……CPUとは……ということを1から教えてくれました。

 

もう分かったぞと思って、とうとう具体的に「これがいいか」と悩み始めていると、

ヨドバシの店員さんが来て、

メモリとは……CPUとは……ということを1から教えてくれました。

 

 

 

私は、早歩きでパソコンを見ました。

ヨドバシの店員さんが優しくて、少しでも立ち止まると話しかけてきてくれるので、

止まると死ぬマグロのようにパソコンを選びました。

 

 

 

そうして、今、購入したパソコンでこのブログを書いています。

めちゃめちゃ快適で、嬉しいです。

 

このパソコンが「dynabookというやつ」以上のことは分かっていませんが、

色々な数字もでっかくて、いい感じのやつなんだと思います。

 

 

 

 

2016.12.27 Tuesday

サンタになった店員に思う

 

メリークリスマスでしたね。

皆さんもちゃんとツリーで体を洗いましたか?

 

 

数日前、いつものようにファミリーマートに行きました。

驚きました。

サンタさんがたくさんいるんです。

 

在庫を整理しているサンタさん、

肉まんをとっているサンタさん、

チルド商品を温めているサンタさん、

店長らしきサンタさん……。

 

 

なんということでしょう。

ファミマだけじゃない、クリスマス付近はどこの店にもサンタさんがいますが、

まさかあのサンタさんがレジを打ってくれるなんて、子供の頃の自分に伝えたらなんと言うんでしょうか。

 

 

私は中学生になる頃までサンタさんを信じていました。

 

見たことはないけれど、クリスマスの夜にはいつも我が家に来てプレゼントを置いていってくれるサンタさん。

一体、どんな人なんだろう。会ってみたくても毎年寝てしまって……。

 

 

そのサンタさんが今、目の前にいます。

サンタさんが、「ファミチキ旨辛味でよろしいですか?」と聞いてきています。

 

どういうことなんだ。どういう世界観なんだ。

 

あのサンタさんが、自分に、「ファミチキ旨辛味でよろしいですか?」と聞いてきている。

 

聞かずとも、クリスマスの朝、枕もとにファミチキ旨辛味を置いておいてくれ。

 

 

ところで、店員さんが、

節分に、福や鬼になっているのは見たことがありません。

ひな祭りに、お内裏様とお雛様になっているのは見たことがありません。

七夕に、織姫と彦星になっているのは見たことがありません。

 

まぁそれにちなんだ物を家に置いたり、家族でその格好をしたりはするけど、

どこかにちゃんと「願い」とか「縁起」というものが込められたりしてる気がします。

 

なぜハロウィンやクリスマスはちょっと軽めに消費されていくのか。

ウェ―――――イ!という感じなのか。

 

ドンキホーテに行けばエロいサンタのコスプレが置いてあります。

サンタの格好をしたエロい女とヤる、そんな夜がどこかに発生しているのです。

トナカイのお鼻が真っ赤っ赤なのです。

 

お雛様や織姫のコスプレはあんまり見たことないけど。

 

日本の行事は、ちゃんとした伝統がある気がしていじりづらいんでしょうか?

でも外国の行事だって多分始まりはみんな神話とか人々の願いとかです。

 

 

私も知らなかったのでウィキペディアを読みましたけれども、

こんな偉そうに書いておいてよく知らないんですけれども、

ハロウィンはもともと、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったらしいです。

 

渋谷のスクランブル交差点で血だらけのナースになっている女の人のうち一体何人が、

池袋の歩行者天国でピコ太郎になっている男の人のうち一体何人が、

 

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出そうとしているのでしょうか。

 

いや、私が知らないだけで、みんな「今年の秋は野菜がいっぱい採れた〜!悪霊どっか行け〜!」と内心で思っているのかもしれません。

思っていたのならごめんなさい。

 

 

話は逸れますが、血だらけのナースはどういうことなのですか?

患者の返り血ならちゃんとホラーだし分かるんですが、

自らが怪我して勝手にお化けみたいになってるナースは、一人でなにをしてるんですか?

 

 

まぁ、行事なんて楽しければいい!と言っちゃえば、確かにそうです。

実際楽しいし、街は煌びやかだし、私も思わずパジャマを脱いで出かけました。

 

興奮しました。

 

 

話はさかのぼって、クリスマス前。

 

私のバイト先にもサンタさんの帽子が置かれていました。

 

鏡の前でかぶってみました。

頭がでかくて入りきらず、コロボックルのようになってしまいました。

 

 

私はサンタさんにはなれませんでした。

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR